ロイヤルガーデン藤原
株式会社ネクスト

Let's have fun!! ワクワクをいっぱいに株式会社ネクスト

2010.10.05

「ロイヤルガーデン藤原」へ行く1

先週から始まった、
「ロイヤルガーデン藤原」
でございますが、好評につき第3弾!となりました、
現地までの御案内
をして参りたいと思います。

IMG_2974.jpg

「何故スタートが中山競馬場なのか?」
そうお思いの方も多いとは思います。
藤原の物件は木下街道にほど近い住宅地にございまして、その前に木下街道は
「×きのしたかいどう」
「○きおろしかいどう」
と呼びます。
古くは銚子から水路で木下(印西市)に運ばれた魚介類を、行徳(市川市)の魚市場に運ぶ道として賑わっていたようです。
街道沿いには旅館の跡があったり、鎌ケ谷大仏があったりと歴史を感じさせる光景がちらほらと出て参ります。
さて、この中山競馬場、最寄り駅は武蔵野線の「船橋法典」なのですが、基本的には東京方面に向かう方は勝った方が乗る駅の様で、負けてお金が無くなると総武線、東西線ならば西船橋駅、京成本線の船橋競馬場駅まで歩く人々の姿が多く見られます。
しかし、「ロイヤルガーデン藤原」の場合はそのまま家まで歩いてしまえます。
希望に満ちて競馬場へ向かう景色

IMG_2975.jpg

悲しさの残るかも知れない帰り道。
(勝ったらバスとかタクシーとか使えば早いです)

IMG_2977.jpg

そしてバックに流れるのは「昭和枯れすすき」(さくらと一郎)

しかしそれ程悲しみに浸る時間は有りません。木下街道を東へ進んでいきますと左手には「船橋法典駅」が見えて参ります。

IMG_2978.jpg

実際の通勤では、この「船橋法典」駅(20分)と東武野田線の「馬込沢」駅(24分)が利用可能です。バスも出てますので、バスに乗ればもう少し早いですし、自転車なら10分ちょっとの距離です。
駅の隣に「東武ストア」があります。
24時間営業なので、ここで買い物をして帰る事も出来ます。
他にもスーパは幾つかあります。

IMG_2979.jpg

ここからは民家が続きます。特に競馬開催時は混み合いますのでお越しの際は予めご了承下さいm(_ _)m

IMG_2980.jpg
IMG_2981.jpg

しばらく行くと、手焼きせんべいやを発見!
右側では梨を販売していました。
今は新高の時期って、遅すぎな感じもしますが(-_-)

IMG_2982.jpg

更に進むとタイムスリップしそうな小道を発見!
昔ながらの佇まいが落ち着きと威厳を感じます。

IMG_0745.jpg

しかし、この道を歩こうとしましたら、どうやら立ち入り禁止の様子。
ちょっと残念です(>_<)

IMG_0744.jpg

この懐かしさついでに、明治から大正に掛けて、この木下街道に「東葛人車鉄道」があったのをご存じでしょうか?
ちなみにリアルでご覧になったことのある方は90歳を越えていらっしゃる事になりますが、お元気でいらっしゃいますか?
今年は寒暖が激しいので、くれぐれもお体を大切にされて下さいね。
詳しくは千葉情報館のサイト、または人車鉄道の世界のHPにて御紹介されておりますので良かったらご覧下さい。

tokatsu3.gif

こんな感じで人が客車を押していた様です。
馬もいたのですが、ブレーキが弱く、坂を下ると危険なので実際に馬が引くことは無かった様子。
そんな面影は今は無いですけどね。
鉄道網の発達により、利根川を使った水路も衰退し、この街道の元々の意義も薄れていってしまったようです。
この林はそんな街道の歴史を見守ってきたのでしょうね・・・
そんな林の先にようやく「目印のヨークマート」と「カメラのきたむら」が見えてきました。
中山競馬場、船橋法典方面からですとこの交差点を左折します。

IMG_2986.jpg
IMG_2988.jpg

ここまで来れば現地まではすぐです。
・・・ということで続きは2へと続きます。

この記事を書いた人

株式会社ネクスト

Let's have fun!! ワクワクをいっぱいに株式会社ネクスト

株式会社ネクスト
書いた記事をもっと読む

あわせて読みたい記事