不動産
株式会社ネクスト

Let's have fun!! ワクワクをいっぱいに株式会社ネクスト

2013.03.24

地価公示価格が出ました

先日、2013年1月1日現在の公示価格が国土交通省から発表となりました。
昨年に比べて引き続き下落傾向は続いているものの、下落の幅も小さくなり、地域によっては上昇または横ばいの場所も出始めているなど、下げ止まり感が出ています。
住宅地を見てみると、船橋市に関しては前年比0.0%の横ばいに転じており、市川市、鎌ケ谷市、八千代市、千葉市花見川区、千葉市稲毛区などでは県の平均(マイナス1.2%)よりも下落率が小さく、
反面松戸市、柏市、我孫子市、千葉市美浜区、浦安市などでは平均よりも下落率が高い結果となっております。
実は千葉の不動産の相場がどうなるのかを知るのには、都内の状況を見ると今後の傾向が見えてくるのですが、都内の住宅地平均はマイナス0.3%と底打ちの気配が見えております。
つまり、今後は千葉県においても相場が上がってくることが予想されるのです。
・・・と言ってもその傾向は既に出ておりまして、建売業者が土地を買っている金額自体はすでに上がりつつあります。なので、今後新規に出てくるものについては販売価格も少しずつ上がっていくのではないかと思います。
「じゃあ、もう手遅れかも・・・」
と思われる方もいるかも知れませんが、そんなことはありません。
土地を買ってから造成して、販売開始するまでに大体3~6か月程度掛かります。
更にそこから建物が完成するまでには3か月前後必要です。
つまり、現在販売しているもの、特に完成に近い物件については昨年から年明けにすでに業者が土地を購入している物件なのです。
仕入が安ければその分だけ価格も抑えられるので、比較的安い金額で出ているはずです。
更に各社とも5月あたりまでは決算期を迎え、各社とも利益は得られているようですが、売上高を上げるためにとにかく販売棟数を確保するとともに、そのお金で今のうちに買えるだけ土地を仕入れようと躍起になっています。
各社が競うように売ってくれる分にはありがたいですが、正直なところ買う方も競争となると値段が上がるわけなので、将来的なところも考えると私たちとしては複雑なところです。
現場によっては原価割れしている物件もございますし、価格的に相談できるところもあります(小声で言いたいところですがWEBでは意味ないですね・・・)。
そのあたりの事情はスタッフまでこっそり聞いてみて頂ければと思います。
「あの時買っていればなあ」
なんて声を長年この業界に居ますと、何年かに一度は耳にするのですが、今まさにその時だと思います。
「ちょっと家を探してみようかな」
と思ったら、是非今真剣に探してみて下さい。
そんなことを言っても探し方がいまいちピンとこない・・・そんな方のために、スタッフ一同全力でサポート致します。
探し方さえ間違えなければ、本当に今は損することは無いですよ。
是非お気軽にご相談ください。
ちなみに
・平成25年地価公示(千葉県)はこちらでご覧いただけます。
・平成25年地価公示(東京都)はこちらです。

この記事を書いた人

株式会社ネクスト

Let's have fun!! ワクワクをいっぱいに株式会社ネクスト

株式会社ネクスト
書いた記事をもっと読む

あわせて読みたい記事