時事・ニュース
建築デザイナー 八重樫

建築デザイナー八重樫

2019.12.24

欧州のクリスマス巡り♪

皆さまこんにちは、横浜スタジオのヤエガシです。本日はクリスマス・イヴなので、以前11月頃に訪れたヨーロッパの街のクリスマスの様子を撮った写真をご紹介したいと思います^^

まずはフランスのクリスマスから

クリスマスの首都と呼ばれている、フランスのアルザス地方の、クリスマスです。高さおよそ30mのツリーが、クレベール広場の設置される様子。こんな感じで、街には工事の方があちらこちらで、クリスマスの準備をしていました。
アルザス地方の中でも、ストラスブールは1570年から続くフランス最古のクリスマスマーケットとして有名で、クリスマスマーケットが開かれている1ヶ月ほどの期間に、毎年200万人以上もの人々が訪れるそうです。
私が訪れていた時はちょうどスタートの1週間ほど前の、準備期間中でしたので、ライトアップなどはあまりされていませんでしたが、期間になるとより煌びやかになるそうです。
スタジオジブリの映画『ハウルの動く城』のモデル地と言われている、コルマール 
ドイツの国境に近いため、木骨組の歴史のある家が立ち並んでいて、とても可愛らしいです。
こちらはコルマール旧市街 ディズニー映画の『美女と野獣』のモデルの街と言われています。
ぬいぐるみの飾付けが多く、雨晒しなので可愛いと可愛そうの感情が交差します(笑)。
カントリーなクリスマス、絵本の世界のようです^^
そしてお次は、パリのギャラリーラファイエットのクリスマスの飾付けは都会的で豪華可愛らしいマカロンツリーのデザインです。
音楽とともに動くディスプレイウィンドウも可愛らしく、子どもたちに人気でした。

お次はロンドンのクリスマス

こちらはハイドパークで開催されるクリスマスのイベント、ウィンターワンダーランド。
クリスマスマーケットはもちろん、移動遊園地やスケートリンク、バーなどもあり、大人も子どもも楽しめます。
リバティロンドン百貨店 リバティは今から95年前に建設されておりますが、イギリス海軍の2隻の軍艦の木材が再利用されていて、深みのある建築物でとてもお気に入りです。高さや幅が船と同じというウワサ。
クリスマスオーナメントをお土産に買いました♪
素敵な内部の写真はあまり撮っていないのですが、人気の少ないところで撮影。きしむ床もとっても素敵です。
夜の街も綺麗です。ハリーポッター、ピーターパン、パディントンなど、映画の世界に来たようで楽しいです^^
宮殿の近くではロイヤル感のあるツリーの飾付けも^^

さて、最後のクリスマスの飾り付けは

ネクスト横浜スタジオでございます♪
事務さんによるワクワクするような飾付けや、クリスマスミュージックでの中で、お打合せをさせて頂いております^^
四季折々の飾りつけもお楽しみいただければ幸いです♪皆様のお越しを心よりお待ちしております。
それでは、良いクリスマスを^^

この記事を書いた人

あわせて読みたい記事