ライフスタイル
建築デザイナー 吉田孝

建築デザイナー吉田孝

2019.08.26

【熱中症対策】真夏の室温環境について

こんにちは。設計担当の吉田です。
ここ数年、各地で猛暑日が多発していて、熱中症予防を呼びかけるニュースなどをよく見かけます。
赤ちゃんや高齢者の場合は、体力がなく、夏場は脱水症にかかりやすいので、脱水からくる熱中症に注意が必要ですね。
暑すぎたり、寒すぎる部屋は不快なだけではなく身体に大きな負担をかけますので、健康的な日常生活を送るためにも、室内環境を快適に保つのはとても大切なことです。

一般的な室内の適温例

人が室内で快適に過ごせる温度や湿度は、季節によってある程度の基準があります。一般的に、夏場は温度が25~28度で湿度は55~65%、冬場は温度が18~22度で湿度は45~60%となっています。
省エネのためか、エアコンをむやみに危険視する風潮も少なからずありますが、無理な節電はせず、必要な時期・時間帯だけスポット的に使うなど工夫してみるとよいかもしれません。
また、扇風機やサーキュレーターをエアコンと併用して上手に空気を循環させると、同じ設定温度でもより涼しく感じることができますので、まだやったことのない方はぜひお試しください。

この記事を書いた人

あわせて読みたい記事